まず教室の安全を守ること。それが、生徒の落ち着いた学びにつながります。

子どもが学ぶ場所に求められるのは、落ち着いて集中できる空間であること。そのためにも、教室の安全と貴重な資料を保護のための、セキュリティシステムが必要です。

Solutions needs セキュリティシステムの活用場所

Classroom 教室内

教室内

学習塾によっては小さな教室が多数あったり、物件の都合でフロア毎に教室が離れているなど、学習塾ならではのセキュリティの問題があります。加えて、複雑な配線が必要な従来の防犯カメラの設置が難しいことも課題です。

おすすめの導入システム

クラウドカメラ

クラウドカメラはインターネットを利用して、カメラ映像を転送します。そのため、配線に自由度がない場所でも、ルーターへの接続と電源のみという最小限の配線に抑えることができます。

詳しくはこちら

Self-Learning Space 自習スペース

自習スペース

生徒たちが自由に利用できる自習室は、スタッフの目が届きにくく、無人になる場合もあります。生徒の私物や備品の紛失、また部外者の立ち入りなどに、十分な注意が必要なスペースです。

おすすめの導入システム

クラウドカメラ

クラウドカメラは映像をクラウド上に保存することができるため、物理的なレコーダーを設置する必要がなく、初期費用を抑えられます。

自習スペースなど把握しずらい場所でも、さまざまな角度からカメラを設置し、全体の状況把握ができます。

詳しくはこちら

Remote monitoring 遠隔で各教室を統合管理

遠隔で各教室を統合管理

個室や少人数クラスが増えている学習塾では、講師と生徒とのトラブルや、生徒間のいじめなど、気付きにくい重大なトラブルが多く発生しています。複数フロアに分散した教室や、より遠距離にある教室を監視する必要があります。

おすすめの導入システム

クラウドカメラ

教室をはじめ、様々な場所に設置した複数のカメラ映像を一箇所に集めて統合管理・閲覧できます。講師と生徒たちにとって学習塾を安心で安全な場所とするため、これまで見えていなかったトラブルを見える化しましょう。

詳しくはこちら